QLOOKアクセス解析

とある濁酒の便利ツールこのブログは便利なフリーソフトについて私まっこりーにが 私的に語って行くブログです。 

このページの記事目次 (タグ: 比較 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  --:--  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Chrome AutoPage系はどれがいいの?(Extensions)

   ↑  2010/07/27 (火)  22:28  カテゴリー: Extensions
はーい、こんばんはー、本日は「ChromeのAutoPage系エクステ」について語っていきますよ~。

Chromeを使い出して最初にぶち当たる難関でしょうか・・・w
僕も相当迷いましたし、今でも答えは見つかっていませんが、それぞれの特徴は
大体分かって来たので、紹介してみたいと思います。

【Chrome AutoPage系のエクステ3種】

「AutoPager Chrome」
・3種中一番ダウンロードされている。
・次ページ挿入の際に↑↓ボタンとAutoPagerによって挿入されたページと表示される。
・上記の表示がある為か次ページの表示が若干重い感じ。
・リンクフィルターが他の2種と違う。(他の2種は同じと言われてる)
・3種中最も常駐時のメモリー使用量が多い。(約14MB Chrome起動直後)
・別途ツールバーボタンが用意されてる。
 (アドレスバーにアイコン表示されるので入れる必要はあまり無い)
・一部日本語表示されてるが、設定は解りづらいかも。
・Lite版に切り替えると自動読み込みするページを自分で定義する必要がある。
・Lite版にしても常駐メモリー使用量は変わらない。
・オートページ機能動作中のメモリー使用量は約26MBとちょっと多め。

「AutoPagerize」
・3種中2番目にダウンロードされている。
・次ページ挿入の際、特別な表示は無い。
・挿入ページの表示速度は軽いが、ページによって若干重い感じになる時がある。
・リンクフィルターは「AutoPatchWork」と同じと言われている。
・常駐時のメモリー使用量は3種中2番目に多い。(約9.5MB)
・アドレスバーにアイコン表示され、アイコンからオン、オフを切り替えられる。(非常に便利)
・日本語に完全対応しており、設定もシンプル。
・オートページ機能動作中は「AutoPager」とメモリー使用量は殆ど変わらない。

「AutoPatchWork」
・3種中ダウンロード数は最も少ない。
・次ページ挿入の際、特別な表示は無い。
・挿入ページの表示速度は軽いが、ページによって一瞬止まる感じになる時がある。
・リンクフィルターは「AutoPagerize」と同じと言われている。
・常駐時のメモリー使用量は3種中1番少ない。(約8MB)
・アドレスバー、ツールバーに表示は無いが、画面の一番下にうっすら緑色の線が出てる。
・緑のラインにマウスポインターをかざすと機能のオン、オフが出来る。
・ページ挿入の際に画面の一番下に青い線が波の様に一瞬表示される。
・設定画面は英語だが、ニューズだけ日本語表記されている。
・設定項目が青いバーの表示を変えられる他、ページの区切りスタイルも変えられる。
・オートページ機能動作中のメモリー使用量は上記2つと比べかなり少ない約16MB


【3種共通の問題】

・3種とも「FastestChrome」のオートページ機能と競合するみたいなので、
 同時使用する場合はFastestChromeのオートページ機能をオフにしておく方が良い。
・3種ともフィルターの都合上リンクしないページがある。(フィルター追加の必要がある)
・オートページ機能を使うと、1タブの中に長いページを表示する事になるので、
 1タブ辺りのメモリー使用量がだいぶ増える。
・3種とも自動でページを挿入してしまうので、機能発動するページのフッターを見たくても
 ページ挿入が終わらないと見れない。(見たい場合は事前にエクステを無効にする必要あり)


以上僕の使用感をまとめてみました。
オートページ機能を使うと言う点では、どれもその機能は、ほぼ同じなんで、
自分の環境に合ったのを選ぶと良いと思います。

例えば、メモリー使用量の少なさを求めるのであれば「AutoPatchWork」になるし、
挿入したページのトップに一発で戻りたいなら「AutoPager Chrome」が便利で、
機能のオン、オフをアイコンから切り替えたいなら「AutoPagerize」になります。

3種とも更新はわりとマメに行われてるので不具合が出ても、すぐに解消されています。

自分が使ってるエクステとの相性もあるかと思うので、色々試すのが一番良いと思いますよ。

って事で本日はこの辺でノシ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : Chrome 拡張機能 エクステンション Extensions AutoPage 比較 

FC2スレッドテーマ : ソフトウェア (ジャンル : コンピュータ

はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/blog-entry-42.html

2010/07/27 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Chromeスムーズスクロール機能について(Extensions)

   ↑  2010/07/26 (月)  20:38  カテゴリー: Extensions
はーい、本日は「Chromeのスムーズスクロール機能」について語って行きますよ~。

【2010/11/4現在SmoothScrollの不具合が多い為お勧めしておりません】
【2011/12/2現在Chromeウェブストアから削除された為お勧めしておりません】
使ってる方は、ご存知だと思いますが、Chromeには標準でスムーズスクロール機能が
搭載されていません。

拡張機能(エクステンション)を入れて対応するしかないんですが、結局どれがいいの?
って話になると思うんですよね。

僕が探して発見出来たスムーズスクロールのみの拡張機能は2つ。
「SmoothScroll」「Chromium Wheel Smooth Scroller」です。

どちらが良いかは、完全な好みになりますので、使ってみて自分で確かめて下さいね。


「SmoothScroll」

・Chromeの拡張機能の中では定番的な存在。
・デフォルト設定のスクロールの印象はFirefoxのスムーズスクロールに似ている。
・デフォルトではスクロールが遅い印象だった。
・ホイールとキー操作のどちらでもスクロールが使える。
・オプション設定でスクロールの滑らかさや速度を変更出来る。
・デフォルトの数値が書いてあるので、いじくり倒しても元に戻せる。
・設定数値の上限の値がいくつなのか分からない。(設定自体やや解りづらい)
・設定変更後、開いてるページに一度更新をかけないと変更後の状態を確認出来ない。
・日本語には対応していないが、Chromeの自動翻訳で大体理解出来る。
・外部アプリのマウスジェスチャーかざぐるマウスと相性が良く、同時使用すると
 かざぐるマウスの加速ホイールにスムーズスクロール機能がプラスされる感じになる。
Smooth設定画面 【GET】

・scrollSettingsだけ解りづらいので一応簡単に説明。5項目ある上から順番に。
①「1秒あたりのフレーム」この値を下げるとスクロールが遅くなるみたいです。感度かな?
②「ミリ秒単位のアニメーション時間」 この値を上げるとスムーズさが増します。
③「スライドスクロールの大きさ」 この値を上げると1スクロールの幅が大きくなります。
④「パルススケール」 この値を上げるとあとから加速するようになります。
⑤「パルスノーマライズ」 バウンドかな?値をあげると回転が止まった時に跳ね返って戻ります。

ちなみに僕の設定はかざぐるマウスの加速ホイールと合わせた時に
スクロールがヌルヌルになる設定ですので、かざぐるマウスを使ってない方向けではありません。
(上記の設定でかざぐるマウスの感度を5加速を12ぐらいにするとかなりいい感じになりますよ)


「Chromium Wheel Smooth Scroller」

・こちらはFirefoxで人気のスムーズスクロール機能の移植版です。
・デフォルトのスクロールはスルっと滑る感じで軽い印象を受ける。
・スクロールが上下の行き止まりに到達するとバウンドする特徴がある。
・設定変更でわりと早く滑らかなスクロールを実現出来る。
・ホイールとキー操作のどちらでもスクロールが使える。
・オプション設定でスクロールの滑らかさや速度を変更出来る。
・デフォルトの数値が書いてないので、いじくり倒すと元が分からなくなる。
・設定はスライドバー方式でグラフも出るので分かりやすい。
・設定画面でリアルタイムにスクロールの確認が出来る。
・日本語には対応していないが、設定が簡単なので直感で設定出来る。
・かざぐるマウスと併用は出来ない。(Wheel Smooth Scrollerが優先される)
・他のマウスジェスチャーアプリに付属するスクロール機能と共存出来ないかも?
Wheel設定画面 【GET】

・こちらの設定は本当に簡単なので、説明は割愛します。
・設定画面でリアルタイムで変更を確認出来ますので色々動かして見てください。
・尚バウンドは「Misc」欄の「Bouncy Edge」の値を0にする事で無効に出来ます。
 (画像では切れてますが、スクロールすると下にあります)


僕の印象は、純粋にスムーズスクロールとして心地良かったのはWheel Smooth Scrollerです。

実際使ってるのが、SmoothScrollなのは、かざぐるマウスと併用すると上記の通り、
非常に心地良いスクロールになるのと、スクロールの速度をかざぐるマウスの加速ホイールで
補えるからです。(かなり早いのが好みなので)

Wheel Smooth Scrollerの場合は、それ単体で結構速度が出ると言うか、滑る感じが強いので
早めのスムーズスクロールを好む方には向いてると思います。

SmoothScrollの場合は、デフォルトがFirefoxのスムーズスクロール機能にかなり近いので、
IEやFirefoxと同じ様なスムーズスクロールが欲しい方はこちらが向いてると思います。

冒頭に書いた通り、どちらが良いかは好みですので、使って見て判断して下さいね。

って事で本日はこの辺でノシ
関連記事

この記事に含まれるタグ : Chrome 拡張機能 エクステンション Extensions スムーズスクロール  比較 

FC2スレッドテーマ : ソフトウェア (ジャンル : コンピュータ

はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/blog-entry-41.html

2010/07/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。