QLOOKアクセス解析

とある濁酒の便利ツールこのブログは便利なフリーソフトについて私まっこりーにが 私的に語って行くブログです。 

このページの記事目次 (タグ: Google日本語入力 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  --:--  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Google日本語入力 Dev版で起動スムーズ

   ↑  2010/11/14 (日)  11:52  カテゴリー: Google日本語入力

はーい、こんにちは~、本日の記事は5分ぐらいで読めると思いまーす。

Google日本語入力 Dev版

皆さんIMEは何をお使いですか?
多くの方が、Windowsに標準搭載されているMS-IMEやOfficeに付属しているOffice-IMEをお使いだと思います。でもMEのIMEって変換精度が悪かったり、誤変換が多かったりで、使いにくかったりしますよね?面白い誤変換では結構遊べたりしますがw

賢い変換機能を備えたIMEは複数存在しますが、その中で僕がお勧めするのは、
「Google日本語入力 Dev版(開発版)」です。なぜDev版をお勧めするかと言うと、Mac版では問題ないのですが、Windows版のGoogle日本語入力では、初回の入力切り替え(半角英数から日本語入力へ)の際に2~3秒固まる挙動があるんですよね。最初の一回のみですが、PCを立ち上げて、いざ何かを書こうとした時に初回だけとは言え、毎回固まられるのは結構煩わしかったりします。

長くの間、この問題は続いていましたが、現Dev版である 0.13.523.100 でこの問題がやっと解決されました。(それ以下のバージョンでは未検証)

Google日本語入力Dev版 googleIMEオプション画面

主な機能性は、「前回記事」と同じですが、改善されて良くなった点として、数字入力の際「1.」と打ちたい場合、「.」をいちいち「。」から変換しないとダメだった問題が改善され、普通に数字を入力した後に「。」を打ち込めば自動で「.」に変換される様になりました。
その他の改善点は、誤変換、長文変換の精度の向上と、麻雀用語や中華料理用語の強化(ちんじゃおろーす→青椒肉絲) サジェスト関連の修正がされています。

ここが便利だよGoogle日本語入力

Google製品には何かしらの付加価値があるんですよね。
私的にですが、便利と思う所をまとめていました。

  • 予測変換候補に流行語がすぐ反映される。
  • 人物名(著名人)の苗字だけ分かっていれば、目的の人物名が高確率で候補にあがる。
  • 日本語を英語に変換してくれる。(えくすぷろーらー→Explorer)
  • 他のIMEからの乗り換えが簡単。(設定やユーザー辞書もそのまま引き継げる)

Windows版の唯一の不具合は、自動更新後IMEの表示が崩れる場合があるのですが、機能的には問題なく、一度再起動すると直るので、気にしなくても大丈夫ですよ。

Google日本語入力に変更してから、約半年経ちますが、開発版を使ってるのに全然不具合も無くて、本当に便利に使えてますよ^^
今使ってるIMEに不満がある方は、一度試しに使ってみて下さい。

Google日本語入力Dev版のダウンロードは→→→【こちら】

って事で本日はこの辺でノシ

関連記事
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : フリーソフト IME Google日本語入力 

FC2スレッドテーマ : ソフトウェア (ジャンル : コンピュータ

はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/blog-entry-94.html

2010/11/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

IMEの乗換は『Google日本語入力』がお勧め。

   ↑  2010/08/02 (月)  08:01  カテゴリー: Google日本語入力
はーい、おはようございまーす、本日は「Google日本語入力」について語っていきますよ~。

IME =【Input Method Editor】要するに文字入力変換ツールです。(言語バーのやつ)
Microsoft社のOfficeソフトをインストールしてる方は、Office-IMEを
インストールしていない方は、XP付属のMS-IMEを使ってる方が多いと思います。

どちらにしてもMicrosoft社のIMEは、ちょっと変換が賢くないので(ある意味面白い時もありますが)
「ATOK」や「ことえり」に変更してる方も多いと思うのですが、僕がお勧めするのは、
「Google日本語入力」です。(フリーソフトしか使いませんしw)

【Google日本語入力の特徴】

・サジェスト機能で予測変換してくれる。(携帯の予測変換みたいな感じです)
・インターネット上から自動的に辞書を生成してるので流行語に強い。
 話題の人物の名前やアイテム名等が第一候補に挙がるので変換効率が良い。
・オフラインでも使える。(インストール時に辞書も入っているので)
・変換が賢い。(MS-IMEとは雲泥の差です)
・間違やすい語句も正しく変換してくれる。(Google検索のもしかして機能的な)
・英語にも変換してくれる。(例 あいばっど→iPod)
・更新が自動である。(多少タイムラグはあるようですが待ってれば自動で更新されるそうです)
・もちろんフリーソフトです。
・他のIMEからの乗り換えが簡単。(ユーザー辞書とかインポートしてくれます)

・やはり一番の特徴と言えば「サジェスト機能」による予測変換候補に最新のワードが
 出てくる事でしょうね。(Google検索と同じ感覚で使えます)
・普通の変換にしても、一般的によく使われる候補がスラスラと入ってる来る感じで
 ストレス無く文章を書く事が出来ます。(オンラインで学習してる)
・MS-IMEからの乗換もスムーズでユーザー辞書もインポートされ、MS-IMEの設定のまま
 変換出来てます。(辞書の取得漏れもありませんでした)


【MS-IMEから乗り換えた時の違和感】

・MS-IMEから乗り換えた時に一番違和感を感じるのは、サジェスト機能で予測変換された
 変換候補の選択方法(操作法)である。(下記の操作法で紹介します)
・数字のあとの記号のつけ方が少し違う。
 例、「1」を「1.」にしたい場合MS-IMEなら1の後に。を入力すれば。は.の形で入力されるが
 Google日本語入力の場合は、。を.に変換する必要があるが、サジェストの方で1.の形で
 出してくれる為、こちらを利用する方が便利になる。
・長文での変換は優秀だが、短文、単語になると変換候補に出てくる感じや文章が変わる。
 例、OOの方がと言う用途で「ほうが」だけ変換すると変換候補に「方が」が出ない。
 文章で「ほうが」と切らず「OOのほうが」と、少し長い形で変換すると正しく変換される。
 (喰霊(ガレイ)と言うアニメタイトルもガレイでは変換候補に出ずくいれいに候補が出る)
・IMEパット的な物がない。(辞書登録と変換設定ぐらいしかツールオプションが無い)
・初回の入力切り替えが遅い。
 環境で多少変わるみたいですが、PC起動後入力を半角英数から日本語入力へ切り替えた時に
 約3~4秒程度の読み込み待ちが発生します。(Macでは起こらないらしいです)
 2回目以降の切り替えでは発生しませんが、PCを起動、再起動させると毎回
 初回の入力切り替えは、読み込み待ちが発生します。

・慣れれば殆ど違和感は解消されると思いますが、初回の入力切り替えで
 読み込み待ちが発生するのは、ちょっと頂けませんね。
・この問題は、PCのCPUがシングルコアかデュアルコアかで変わってくるそうで、
 シングルコアの場合は読み込みが速く、デュアルコアの場合はややもたついた
 感じになるそうです。(Windowsユーザーの場合)


【Google日本語入力の予測変換の操作方法】

・MS-IMEで変換と言えば、スペースキーか変換キーを使用する人が多いと思いますが、
 Google日本語入力で予測変換された候補を選択するには、方法がちょっと違います。
・文字入力中に出現するのが「予測変換候補」でスペースキーを押した時には消えてしまい、
 通常の「辞書変換候補」が表示されます。
・「予測変換候補を選択するには」
予測変換1 予測変換2 予測変換3
①予測変換候補が出現したら「TABキー」を押し予測変換BOXにフォーカスを移動させる。
②フォーカスを移動させたら「TABキー」又は「スペースキー」でカーソルを移動出来る。
③候補が良ければ「Enterキー」又は「左に出てる数字」で選択すれば良い。
④候補にない場合「TABキー」又は「スペースキー」でカーソルを下に移動させると
 さらに候補が出現する。(上記画像参照 候補が無い場合は出現しない)

・最初はどうしても、スペースキーや変換キーを押してしまうクセが付いてるので
 予測変換BOXを消してしまいがちです。
・最初はこれで予測変換候補が出ないと思ってました。
・入力中に出る予測変換BOXの候補を選択したい場合は、まず「TABキー」と覚えて下さい。
・通常の辞書変換は、MS-IMEと変わりませんので、慣れ親しんだキーで操作して下さい。


【XPでのメモリー使用量の見え方と注意】

・インストール時のデフォルトの設定で、オンメモリ辞書の設定が有効になっていますが
 PC搭載メモリーが512MB以下の環境では無効になるしくみとなっています。
・これは、Google日本語入力が常駐した際のメモリー使用量でPCのパフォーマンスを
 低下させない為の処置だそうです。
・オンメモリ辞書の設定が有効になっている場合のメモリー使用量をタスクマネージャーで
 確認すると「GoogleIMEJaCacheService」と「GoogleIMEJaConverter」の
 2つが起動しており、それぞれが約50MBのメモリーを使ってる事になっていますが、
 Googleの説明によると、Windows XPでは、タスクマージャーに表示されるメモリ使用量は、
 他のプロセスと共有しているメモリ使用量を二重に数えているため、実際の使用量より多く
 表示されています。
 Google日本語入力の場合、オンメモリ辞書を実現するためのサービス (GoogleIMEJaCacheService)
 と変換エンジン (GoogleIMEJaConverter)がそれぞれ50Mほどメモリを消費しているように
 見えますが、実際はこの二つは物理メモリを共有しています。(ヘルプフォーラムより)
・という事で実際使ってるメモリー使用量は、約50MBと言う事になります。
・尚、XP環境でPC搭載メモリーが1GB程度の環境でオンメモリ辞書を無効にすると
 著しいパフォーマンスの低下(速度低下)が起こる場合もあるそうです。


【ダウンロード】

・「Google日本語入力」を使ってみたい方は→【GET】
・慣れ親しんだMS-IMEを使って行きたい方は、最新版が出てますので、そちらを
 インストールする事をお勧めしますが、ダウンロード出来る条件があります。
 「Microsoft Office/XP/2003/2007/2010を利用するユーザー」となっています。
・無償配布ですので、Google日本語入力を使うにしてもダウンロードしておいた方がいいですよ。
・「Microsoft Office IME 2010」ダウンロード→【GET】

・Google日本語入力を入れたからと言ってMS-IMEが消えてしまう訳ではありませんので
 安心してインストールして下さい。
・言語バーのアイコンから自由に切り替えが出来ます。


使い始めてまだ2か月ちょっとですが、本当に使いやすいですよ。
IMEの誤変換や長文変換の残念さにうんざりしてる方は試しに使ってみて下さい。
二度とMS-IMEを使おうという気にはなりませんw
Google日本語入力は、まだ開発の浅いソフトですが、開発版を使っていて不具合に
見舞われた事は一度もないので、安心して使えるソフトだと思います。
Google検索の検索候補システムが好きな方は楽しんで使えると思いますよ^^

って事で本日はこの辺でノシ
関連記事

この記事に含まれるタグ : フリーソフト IME Google日本語入力 

FC2スレッドテーマ : ソフトウェア (ジャンル : コンピュータ

はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/blog-entry-48.html

2010/08/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。