QLOOKアクセス解析

とある濁酒の便利ツールこのブログは便利なフリーソフトについて私まっこりーにが 私的に語って行くブログです。 

この記事に含まれるタグ :
Chrome  拡張機能  Extensions  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  --:--  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Chrome拡張機能に「Adblock Plus」が登場。

   ↑  2010/12/22 (水)  04:10  カテゴリー: Extensions

はーい、こんにちは~、本日の記事は、ちょっと長めに10分ぐらいお時間を頂戴致しまーす。

Adblock PlusがChrome拡張機能に登場

Firefoxで一番人気の拡張機能「Adblock Plus」がChrome拡張機能に登場しました。
Firefox版Adblock Plusの作者さんは、Chromeには移植しないと仰られてましたが、今後の展開も考え「AdThwart」の作成者さんの協力もあり「AdThwart」を「 Adblock Plus for Google Chrome(Beta)」と名称変更し、作り替えていく事でChrome版Adblock Plusを実現されたようです。(Firefoxからの「移植」ではないみたいなので、仕様がだいぶ違います)

「Adblock Plus for Google Chrome(Beta)」⇒【Download

Chrome一番人気「AdBlock」との違い

ぶっちゃけて言えば、出来る事や機能性にほぼ差は無いと思いますが、現状での違いをまとめると以下の感じになりました。

  • 「ブロック方法」
    どちらもフィルタによりHTML要素をブロックして広告を表示しない(除外し見えなくする)方法だと思うので差はないと思います。ただ「Adblock Plus」は今後の開発目標として広告を見えなくするだけではなく、広告のダウンロード自体をブロックする方法に変更していく予定みたいです。
  • 「表示速度」
    サイトを開いた時の表示速度(処理速度?)は「Adblock Plus」の方が軽く、早いです。
  • 「常駐メモリー使用量」
    常駐メモリー使用量は、本体だけならどちらもほぼ同等ですが「AdBlock」の場合ツールバーボタンを別途インストールするとその分常駐メモリー使用量が増えます。(ボタンをインストールしないと不便な点があります)
  • 「フィルタリスト」
    フィルタリストは「AdBlock」も「Adblock Plus」の物を使える為、差は無いと思いますが「Adblock Plus」のフィルタ追加が現在正常に行えないようで、フィルタリストサイトから追加しようとしても「about:blank」ページが表示されるだけで、リストに追加されません。(Dev版での話なのでその他のチャンネルでは正常に動作するかも知れません)
    個人的に考えた追加方法は、フィルタサイトから一度「AdBlock」にフィルタを追加し「AdBlock」のフィルタリストに表示されたリストのURLをコピーして「Adblock Plus」のフィルタURL入力欄にペーストして追加を行いました。
  • 「Add your own filters」(独自フィルタの追加)
    どちらも似たような方法ですが「Adblock Plus」の方が使い勝手が良いですね。
    一例としてTwitterの広告ブロックの手順を紹介します。
    アドレスバー(オムニバー)内に表示されてる「Adblock Plus」のアイコンを左クリックし「Easy create filter」をクリックすると、FirebugやChromeのデベロッパーツール(要素を検証)の様にマウスポインターを重ねた部分のHTML要素を反転表示(黄色)してくれるので、ブロックしたい要素をクリックする。
    ABPアイコン Twitter広告要素
    クリックすると、自動で要素を抽出しフィルタ追加のポップアップが表示されるので「Add」をクリックし追加する。
    Twitterの場合広告自体の要素をブロックしてもブロック出来ないので画像の様に右側の空白をブロックして下さいね。
    こんな感じでフィルタリストから漏れて表示されてしまう広告は手動で追加して行けます。
    コンテキストメニューからもフィルタ追加を行えますが、上記方法の動作と異なり広告上でコンテキストメニューを表示しないとコンテキストメニュー内にABPのメニューが表示されない為、上記の方法でのフィルタ追加をお勧めします。
    「AdBlock」の場合も同じ様な手法ですが、要素の範囲を反転して表示してくれないので、選択し辛いです。
  • 「除外リスト」
    これは、どちらも「ドメイン除外」なので使い勝手は同等だと思います。
    除外リスト

と、言った感じで違いと言う違いはありませんが、個人的な感想を言えば、動作面では「Adblock Plus」の方が軽いし、独自フィルタの追加が便利なので、「Adblock Plus」の試用を続行しています。

Firefox版と同じ様な動作を期待してた方は「別物」と言う印象が強いと思いますが、まだまだBeta版ですので、これからの発展に期待しましょう。

って事で本日はこの辺でノシ

関連記事
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : Chrome 拡張機能 Extensions 

FC2スレッドテーマ : ソフトウェア (ジャンル : コンピュータ

はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/blog-entry-105.html

2010/12/22 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Chrome拡張機能に「Adblock Plus」が登場。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

http://www.valras-plage.net/testo-roar/

Chrome拡張機能に「Adblock Plus」が登場。 - スマフォ版 とある濁酒の便利ツール

http://www.valras-plage.net/testo-roar/ 2016/12/02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。