QLOOKアクセス解析

とある濁酒の便利ツールこのブログは便利なフリーソフトについて私まっこりーにが 私的に語って行くブログです。 

この記事に含まれるタグ :
Chrome  Dev  不具合  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  --:--  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Chrome 17.0.928.0 dev-m タスクマネージャー仕様変更

   ↑  2011/11/05 (土)  18:32  カテゴリー: Dev版体験記

はーい、こんばんは~、本日の記事は、6分ぐらいで読めると思いまーす。

17.0.928.0 dev-mでタスクマネージャー仕様変更

どんな感じになったかと言うと、まず下の画像を御覧下さい。

chrome new task

昨日Dev版のアップデートがあったんですが、こんな感じになっちゃいました。
過去の記事に書いた事のある「メモリ解放ボタン」が無くなっています。
(以前のタスクマネージャーやメモリ解放ボタンの追加の方法は過去記事を参照して下さい)

起動オプションが廃止になったかどうかは、今の所不明ですが、廃止になったのだとしたら、
別の方法で、メモリーの開放手段がある、又は出来たんじゃないかと、Chromeを調べて見ました。

現在のメモリー解放方法

8ヶ月もネット環境が無かったので、以前からの仕様変更なのかは、分かりませんが、
答えはすぐに見つかりました。

Chromeを「タスクバーに最小化させる」と、メモリを開放する仕組みになってるみたいです。

すぐにこの方法が分かったのは、Firefoxが以前からこの方法でメモリを開放する仕様だったので、
試しにやってみたら、メモリが解放されたと言うだけなんですけどね。
以前からだったのか、XP上では起動オプションが機能しないバグなのか、仕様変更になったのか、
真相は僕には分かりませんが、Chromeを最小化させると、画像の一番上の項目「ブラウザ」の
メモリが開放される事だけは、分かりました。

以前のメモリ解放ボタンだと、拡張機能やプラグインが専有しているメモリにも数字の変化が
ありましたが、今回の最小化では、「ブラウザ」本体しか数字の変化は起こりませんでした。
ともあれ、いちいちタスクマネージャーを開いて、ボタンをクリックするよりは、
簡単かも知れませんね。(かざぐるマウスの機能で最小化等マウスジェスチャーで簡単に行えるので)

ちょっとしたバグ報告

最近のDev版は本当にバグが多く安定性がイマイチなんですが、今回もバグが盛り込まれて
来ましたよ。
僕の環境はXPなので、全てのプラットホームで同じバグが起こっているかは、分かりませんので
その点だけ留意してご覧下さい。

  • 「ダウンロードマネージャー内がバグる」
    これは、ダウンロード中や、ダウンロード履歴が残っていると画面上部に何かのコードが
    表示されてしまう。
    ダウンロード履歴をクリアしたら通常の画面に直るのですが、また何かをダウンロードすると
    バグってしまいます。
  • 「動画を再生中にシークバーを動かしてるとエラーが起きて強制終了になる」
    「about:flags」に追加された実験機能「Enable track element」を有効にしてる状態で
    上記の動作をするとエラーコードが出て強制終了になる事が何度かありました。
    無効にするとエラーがおきなくなったので、コレが原因かな?と思っています。

翻訳かけても意味の分からない実験機能を有効にすると色々と起こるもんですねw
逆に解消されたと思われる不具合は、Twitter激重現象ぐらいでしょうか、フォントバグの方は
完全に治ったのかイマイチ分かりません。

素人の僕には分からない事だらけですwって事で本日はこの辺でノシ

2011/11/5/ 21:46 追記と訂正

18:32分頃にこの記事をアップしましたが、不具合報告に一部訂正があります。
「Enable track element」を有効にしている時、動画のシークバーを動かすと
エラーが出て強制終了すると書きましたが、他にもエラーの原因になる要素があるみたいなので
追記、訂正しておきます。

Chrome 17.0.928.0 dev-mのアップデートで4~5つの実験機能が追加されてるのですが、
その中の「HTTP Pipelining」「Enable Media Source API on video elements.」それと
先ほどの「Enable track element」この3つに問題があるようで「Enable track element」だけを
無効にしても、エラーが発生しました。

3つ共無効にするとエラーが出なくなりましたので、組み合わせを変えて試してみましたが、
どれか1つがエラーを起こしてるのではなく、組み合わせでエラーが発生している感じなので、
3つ共無効にしておく事をお勧めします。(特定は出来ませんでした)

あと、恐らくですが「HTTP Pipelining」を有効にしているとダウンロードに失敗したり
Twitter等のログインの必要なサイトの一部でCookieを有効にしてログイン状態を保っているのに
ログイン画面へ飛ばれたり、挙動がおかしくなる事があります。

それぞれの環境で出る不具合の形が変わるかも知れませんが追記しておきます。

関連記事
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : Chrome Dev 不具合 

FC2スレッドテーマ : ソフトウェア (ジャンル : コンピュータ

はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/blog-entry-125.html

2011/11/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Chrome 17.0.928.0 dev-m タスクマネージャー仕様変更

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。