QLOOKアクセス解析

とある濁酒の便利ツールこのブログは便利なフリーソフトについて私まっこりーにが 私的に語って行くブログです。 

この記事に含まれるタグ :
Chrome  拡張機能  エクステンション  Extensions  AutoPage  比較  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  --:--  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Chrome AutoPage系はどれがいいの?(Extensions)

   ↑  2010/07/27 (火)  22:28  カテゴリー: Extensions
はーい、こんばんはー、本日は「ChromeのAutoPage系エクステ」について語っていきますよ~。

Chromeを使い出して最初にぶち当たる難関でしょうか・・・w
僕も相当迷いましたし、今でも答えは見つかっていませんが、それぞれの特徴は
大体分かって来たので、紹介してみたいと思います。

【Chrome AutoPage系のエクステ3種】

「AutoPager Chrome」
・3種中一番ダウンロードされている。
・次ページ挿入の際に↑↓ボタンとAutoPagerによって挿入されたページと表示される。
・上記の表示がある為か次ページの表示が若干重い感じ。
・リンクフィルターが他の2種と違う。(他の2種は同じと言われてる)
・3種中最も常駐時のメモリー使用量が多い。(約14MB Chrome起動直後)
・別途ツールバーボタンが用意されてる。
 (アドレスバーにアイコン表示されるので入れる必要はあまり無い)
・一部日本語表示されてるが、設定は解りづらいかも。
・Lite版に切り替えると自動読み込みするページを自分で定義する必要がある。
・Lite版にしても常駐メモリー使用量は変わらない。
・オートページ機能動作中のメモリー使用量は約26MBとちょっと多め。

「AutoPagerize」
・3種中2番目にダウンロードされている。
・次ページ挿入の際、特別な表示は無い。
・挿入ページの表示速度は軽いが、ページによって若干重い感じになる時がある。
・リンクフィルターは「AutoPatchWork」と同じと言われている。
・常駐時のメモリー使用量は3種中2番目に多い。(約9.5MB)
・アドレスバーにアイコン表示され、アイコンからオン、オフを切り替えられる。(非常に便利)
・日本語に完全対応しており、設定もシンプル。
・オートページ機能動作中は「AutoPager」とメモリー使用量は殆ど変わらない。

「AutoPatchWork」
・3種中ダウンロード数は最も少ない。
・次ページ挿入の際、特別な表示は無い。
・挿入ページの表示速度は軽いが、ページによって一瞬止まる感じになる時がある。
・リンクフィルターは「AutoPagerize」と同じと言われている。
・常駐時のメモリー使用量は3種中1番少ない。(約8MB)
・アドレスバー、ツールバーに表示は無いが、画面の一番下にうっすら緑色の線が出てる。
・緑のラインにマウスポインターをかざすと機能のオン、オフが出来る。
・ページ挿入の際に画面の一番下に青い線が波の様に一瞬表示される。
・設定画面は英語だが、ニューズだけ日本語表記されている。
・設定項目が青いバーの表示を変えられる他、ページの区切りスタイルも変えられる。
・オートページ機能動作中のメモリー使用量は上記2つと比べかなり少ない約16MB


【3種共通の問題】

・3種とも「FastestChrome」のオートページ機能と競合するみたいなので、
 同時使用する場合はFastestChromeのオートページ機能をオフにしておく方が良い。
・3種ともフィルターの都合上リンクしないページがある。(フィルター追加の必要がある)
・オートページ機能を使うと、1タブの中に長いページを表示する事になるので、
 1タブ辺りのメモリー使用量がだいぶ増える。
・3種とも自動でページを挿入してしまうので、機能発動するページのフッターを見たくても
 ページ挿入が終わらないと見れない。(見たい場合は事前にエクステを無効にする必要あり)


以上僕の使用感をまとめてみました。
オートページ機能を使うと言う点では、どれもその機能は、ほぼ同じなんで、
自分の環境に合ったのを選ぶと良いと思います。

例えば、メモリー使用量の少なさを求めるのであれば「AutoPatchWork」になるし、
挿入したページのトップに一発で戻りたいなら「AutoPager Chrome」が便利で、
機能のオン、オフをアイコンから切り替えたいなら「AutoPagerize」になります。

3種とも更新はわりとマメに行われてるので不具合が出ても、すぐに解消されています。

自分が使ってるエクステとの相性もあるかと思うので、色々試すのが一番良いと思いますよ。

って事で本日はこの辺でノシ
関連記事
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : Chrome 拡張機能 エクステンション Extensions AutoPage 比較 

FC2スレッドテーマ : ソフトウェア (ジャンル : コンピュータ

はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/blog-entry-42.html

2010/07/27 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


大変参考になりました。こういう比較レビューがあると助かります。

名無しさん |  2012/11/15 (木) 07:14 No.56

コメントを投稿する 記事: Chrome AutoPage系はどれがいいの?(Extensions)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。