QLOOKアクセス解析

とある濁酒の便利ツールこのブログは便利なフリーソフトについて私まっこりーにが 私的に語って行くブログです。 

この記事に含まれるタグ :
Chrome  拡張機能  Extensions  不具合  スムーズスクロール  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  --:--  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Chrome「SmoothScrollの不具合」

   ↑  2010/11/05 (金)  06:43  カテゴリー: Extensions
はーい、おはようございまーす、本日の記事は5~6分ぐらいで読めると思いまーす。

SmoothScrollの不具合について

【以前の紹介記事】

以前からずっと愛用&お勧めしてる拡張機能の一つなのですが、Chromeの開発が進むにつれ、不具合が起こるWebサイトが増えてきています。

先日から本日にかけて、Dev、Beta、Stable、全てのチェンネルのリリースがありました。
恐らくこれで、Dev以下の環境でも不具合に出くわすケースが増えると思うので、スクロール機能の変更をお勧めします。

現在確認出来てる不具合

使用チャンネルやプラットホーム(環境)、設定で症状は変わると思いますので参考までに。

  1. 公式Twitter(新型)でスクロールが激重になる。
    新型Twitterは画面をスクロールするだけで、ページが自動挿入される様になりましたが、SmoothScrollを有効にしていると、ページが自動挿入される程スクロールが重くなります。
  2. フレーム内で動作しない。
    これは以前からこうゆう仕様で、数々のリクエストがあるにも関わらずずっと放置されています。
  3. ニコニコ動画をフルスクリーン表示すると画面下に余白が入る。
    これに気付いたのはChrome6の頃でしょうか、ニコ動をフルスクリーンにしてるのにスクロール出来るだけの 余白が入るようになりました。(SmoothScroll無効にすると消える)
  4. 多数のWebサイトでスクロールがスローモーションになる
    これも以前からしばしばありましたが、スクリプト同士の競合だと思われます。
  5. DevチャンネルでGPU Accelerated Canvas 2Dを有効にしているとGoogle画像検索が激重になる。
    今回のリリースでDevのGPU Accelerated Canvas 2Dが復活しましたが、これを有効にしている状態でSmoothScrollを有効にしていると、Google画像検索結果の画面でのスクロールが激重になります。さらにAutoPage系でページ挿入が行われると症状は悪化し、CPU使用率が90%ぐらいをうろつくようになります。GPU Accelerated Canvas 2Dを無効にすれば症状は無くなります。

主な不具合は、大体こんな所です。

幾つかの不具合報告はしていますが(ちゃんと英語で)メールを出しても、ギャラリーに書き込んでも一切反応がないので、開発自体放置されてるのだと解釈しています。

更新の方も2009年12月10日から止まっていますし、どうも3人での共同開発?みたいなので、代表者さん一人では対応出来ないのかも知れません。

SmoothScrollの代替え

スクロール機能の代替えとなると、一択になってしまうのですが、Chrome自体のスクロールもだいぶ良くなって来てますので、以下の物をお勧めします。

  • Chromium Wheel Smooth Scroller
    こちらは、開発も進んでおり、現在試用していますが、動作自体は快適です。
    最大の特徴は、「サイト除外機能」でしょうか。正常に動作しないサイトや機能を使いたくないサイトを除外リストに登録する事で除外する事が出来ます。(リストにサイトURLを入れるだけで除外出来ました)
    残念なのは、かざぐるマウスの加速ホイールと共存出来ないで、拡張機能以上の速度を出す事が出来ません。
    その他の事は、フレーム内でも動作しますし、DevのGPU Accelerated Canvas 2Dを有効にしていてもGoogle画像内で僅かに重くなる程度です。
  • かざぐるマウスやマウスジェスチャー拡張機能に付属しているスクロール機能を使う。
    Chromeのスクロールもだいぶ良くなってるので、気にならない方はデフォルトでも良いと思います。
    かざぐるマウスはスクロールを滑らかにする訳ではなく、スクロールの感度を上げ加速させるだけなので、スクロール時の滑らかさはブラウザーが持つスクロール機能に依存します。

他にもタッチパネルの様に画面を掴んで移動させる拡張機能もありましたが、スクロールではないので割愛させて頂きました。

Chromium Wheel Smooth Scrollerの設定画面は英語表記ですが、Chromeの自動翻訳を使えば、意味のわかる日本語に翻訳されるので、簡単に設定出来ますよ。

ただ、注意して欲しいのは、スクロール系の拡張機能はCPUを結構使うので、あまりパワーの無いPC環境だとスクロール時に重くなる可能性があります。それと、回覧するWebサイトによっては、スクリプト同士の競合やスクロール時に若干ノイズ(ほんの僅かな画面の乱れ)が起こりますが、これは技術的に仕方の無い事だと思うのでその点は了承の上ご使用下さい。

余談

もう時期テンプレートの引越しは終わりますが、その前にSmoothScrollの不具合があまりにも気になったので、取り急ぎ記事にしました。(なぜかスクロールの比較記事のアクセスが急上昇してるので)

引越し完了のお知らせは別途報告しますので、もう少しお待ち下さい。

って事で本日はこの辺でノシ

関連記事
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : Chrome 拡張機能 Extensions 不具合 スムーズスクロール 

FC2スレッドテーマ : ソフトウェア (ジャンル : コンピュータ

はてなブックマーク  Google Bookmarks  Yahoo!ブックマーク  livedoorクリップ  Twitter   

(記事編集) http://makkori1105.blog133.fc2.com/blog-entry-87.html

2010/11/05 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Chrome「SmoothScrollの不具合」

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。